激動のUVERworld私史

UVERworld

ファン歴、2006年に知ってからなので、2018年で12年になります。私の半分くらいの人生を共にしてきていると言っても過言ではありません。そんなUVERworldと私の関わりを勝手に語っていきたいシリーズまず1回めです。お付き合いくだされば幸いです。

Sponsored Link



私とUVERworldの出逢い

「Colors of the Heart」(4th single 2006/05/18発売)

アニメです。小夜(さや)とハジが出てくるあのアニメです。ハイジじゃないです。ハジです。

サビのあの言葉は、UVERworldのボーカルTAKUYA∞が尊敬するtickというバンドのReigo5さんが贈ってくれた言葉です。いつか色づくんですよ、願い続ければ。

当時、UVERworldというバンドの名前は知りませんでした。まだ英語は読めませんでしたので。ではなくて、アーティスト自体に注目してなかっただけの話です。

 

 

存在を知ったのは

「浮世CROSSING」(9th single 2007/11/04発売)

働きマンです。

初聴きで、あっ、この曲、いいな、どっかで聴いたことある声だなと思っていたら、UVERworldでした。
何度下手くそな英語の発音でノリノリで歌ったことか。

 

 

アニメのコンピアルバム

『BLOOD + COMPLETE BEST』(2006/10/25発売)

クリスマスに、好きだったアニメのop・edがすべて収録された赤いメタリック三方背ケースのコンピレーションアルバムをもらいました。

アニメは放送が終わってしまったけれども、アニメを彩っていた珠玉の曲たちを一気に聴けると思うと、とんでもなく嬉しかった覚えがあります。

ぼろぼろになるまで、ブックレットの歌詞を見ながら、CDプレーヤーにセットして聴きながら歌ってました。

その時に、あの好きだったあの曲「Colors of the Heart」はUVERworldが歌っていたのだと気づきました。偶然の再会でした。

 

 

アルバムを購入

『PROGLUTION』(3rd album 2008/01/16発売)

初めてのCD購入です。
そうです、自分でCDを買い行ったのは初めてでした。

それはUVERworldの3rdアルバム『PROGLUTION』です。

これは本当に何度も聴いたことか。
今でも「Roots」は気がつくと口ずさんでいるぐらい思い入れのあるアルバムです。

「endscape」は耳にタコができるくらい歌っていました。今も大好きな曲の1つです。アルバムに収録の「endscape」は前奏長いver.なので、いつまで経っても曲始まらねーとならないように注意です。

 

 

アニメで再熱

『激動/Just break the limit!』(10th single 2008/06/11発売)

私が当時、大好きで見ていたアニメに『D.Gray-man』があります。
この3クール目のOPがUVERworldの「激動」でした。

自分の好きなアニメに、自分の好きなアーティストが起用されることを知ったときの喜びはとてつもなかったですね。これを後にあと一度経験します。

Mステ(ミュージックステーション)に出演しているときも、ばっちり視聴してテレビの前で一緒にシャウトしてました。ガラケー時代だったのですが、ワンセグにアクセスして何とか生放送を録画に収めて聞き直していました。

緊張しすぎか、高ぶっているせいか、TAKUYA∞が歌詞間違えたり、歌詞が飛んだりすることがあって、熱い生ライブ!、これぞ生放送!とライブに一度も足を運んだことのない私は一人で大喜びでした。たぶん、その音源はまだ残ってます。

 

 

ウェブサイトでの視聴

恋いしくて(11th single 2008/09/10)

「恋いしくて」あたりから、UVERworldのウェブサイトのFlashが楽しいことになっていることを知りました。

当時は、まだノートパソコンへ切り替えたばかり。UVERworldと検索語を入力するだけでも色々と困難が。

 

 

MV見たさにテレビにかじりついてた

儚くも永久のカナシ(12th single 2008/11/19発売)

発売が近くなるとUVERworldの公式ウェブサイトで予告を何度も見ては、新曲の発売を心待ちにしていました。

その頃、音楽全般に強い興味があったので、休日はMUSIC ON TVやスペースシャワーTVで、ミュージックビデオ(MV)を見るのに熱心になっていました。

「激動」あたりからMVも併せて視聴するようになりましたが、「儚くも永久のカナシ」はそれそれは何度もすっとんでいってテレビにかじりつきながら歌ってました。

 

3rdを超える良作

『AwakEVE』(4th album 2009/02/18発売)

4thアルバムの『AwakEVE』は私にとっては衝撃的でした。全曲まるっと聴き通してしまうのです。

それはもう、すごかったです。

もう、アルバムに収録された個々の音源から、一連の1つの物語になっている感じがしましたね。「アイ・アム Riri」は今でもよく口ずさんでます。

仕掛けてきましたね。

 

なぜか一番好き

「endscape」(7th single 2007/05/30発売)

アニメつながりで好きになったのかもしれませんが、「endscape」がとてつもなく好きで、聴いた瞬間から運命を感じてしまいました。

UVERworldのシングル曲を追い始めたのは、「激動」(10th single 2008/06/11発売)からなのですが、過去にさかのぼってシングルを買い直すなんてことは私にとっては珍しい方です。

TVアニメ「地球(テラー)へ」のオープニングテーマであったようです。「Colors of the Heart」(4th single 2006/05/18発売)のあとにどこかで耳にしたのでしょう。

それがUVERworldの曲だと知っていたので、「浮世CROSSING」(9th single 2007/11/04発売、TVドラマ「働きマン」主題歌)以降で、『PROGLUTION』(3rd album 2008/01/16発売)の時には「endscape」を知っていたのでその前あたりです。

「地球へ」は知りませんでした。まだMVも見ていなかった時代です。

どこで出会ったのか忘れてしまって今でも不思議なのですが、もしかしたら、ラジオ番組かもしれません。FRIDAY SUPER COUNTDOWN 50やこむちゃっとカウントダウンをよく聴いていて、UVERworldを知ってからは曲のリクエストも送っていまして、リクエストを紹介されたことも度々(笑)

オリコン速報も常にキャッチしていたのでその中で出会ったのかも。

つづく……

 

Sponsored Link



コメント