その憂い、「緑」が解決に導きます!!+自然からのメッセージ

Hear me !

気分が晴れない。憂鬱だ。春のぽかぽか陽気にも関わらず、気分が滅入って毎日、へとへとになっていませんか?そんな人には喧騒から離れて「緑」に目を向けることをおすすめします。

Sponsored Link



 

「緑」って具体的には「自然」のこと

ここで言う「緑」とは、具体的には、草、木、花、土、水などの自然に存在するものを指しています。これは自然を愛する日として名付けられた「みどりの日」に関連してそう総称しました。

動的な「緑」の色を見る

自然に存在する色には癒しの効果があります。それらはどれもデジタルの世界では再現できない色です。なぜなら、画面を通してしまうと、途端に時が止まってしまうからです。

動画ならこれを再現することは可能でしょうか。いいえ、画面は強い光と電波を放っているので、見ていると目や体が疲れてくるという点で、癒しの効果が激減してしまいます。

なので、散歩ついでに道に咲く花や草木、土に視線を向けてみてください。鮮やかなピンク色や、一括りにできないような移り変わる葉の色。派生したばかりの若い枝の色やめくれあがった木肌のざらついた色。湿った土の色と、乾いた土の色。

それらの自然のオーラはあなたの心をゆっくりほぐしてくれることでしょう。

芳しい「緑」の匂い

自然が発する薫りが人の心を癒すということはよく言われています。残念ながら、合成香料がばっこしている現状、人間の嗅覚は限りなく狂わされ、疲れ果てています。なので、ここぞというときのために、普段は休めておくのが得策です。

自然にはこんな心踊るような、むせかえるような草花のにおいや空気をしっとりと濡らす雨が近づいてくるにおいがあります。せせらぎの水しぶきや飛び散るときのみずみずしさにはマイナスイオン効果もあると言われますね。

「緑」を歩く

自然の中を散策すると疲れた心身が解放されるというのは、「森林浴」という言葉でよく語られます。そういった「緑」が息づく道をふらーっと散歩するだけでも、気分が晴れることもあるでしょう。

しっかりと歩くことができれば、良い運動にもなります。
自然の中を歩くことは、歩いて運動になる+「緑」を感じてリフレッシュと一石二鳥なのです。

Sponsored Link



 

「緑」が息づく場所

自然を感じてみたいけれど、そんな場所、どこにあるの…と思うでしょう。次の4つの場合によって訪れるべき場所は異なります。

散歩

近所の公園にはアスファルトばかりで草木が一本も生えていないなんてことはないはずです。少々「緑」が多い場所を選んで自由に足を動かしてみましょう。新しい発見があるかもしれません。

散策

ちょっとした草木の繁る道や小規模の雑木林、庭園などに赴く場合、多少人は多いかもしれませんが、そこには美しい自然が広がっていることでしょう。前や景色にばかり気をとられていると、足場が悪い頭上注意と合わせて足下に気をつけましょう。

登山

緑が多いところと言えば、山です。
体力勝負と万全の準備が必要になってくるので、ハードルは高いかもしれませんが、山の景色は季節を経て徐々に移り変わり、私たちの目を楽しませてくれます。
山頂の景色は忘れられない思いでとして刻まれるでしょう。

探検

果てなき探求者向けです。
例えば手つかずの自然が残る樹海へ足を踏み入れようとしている人は、登山並みの装備を怠らないようにしましょう。なぜなら、足下がしっかりした地面でない可能性もあるからです。

それでも、未知の場所へ踏み出していくのは、とてもわくわくする経験でしょう。

飽くなき探検の先には、きっと壮大で清らかな自然が眼前に広がっていることでしょう。

「緑」の中の一部

なぜ人は「緑」に癒しを感じるのでしょうか。それはきっと、人間も自然の一部だからだと私は考えています。

人間は生態系の一部として存在しています。
生態系という自然の摂理から遠ざかるほど、人間という生き物としてのバランスが狂っていきます。
例えば、人間は昼行性の生き物なので、夜型生活や暗い場所でずっと生活してると、心身のバランスが崩れていきます。

また、人間は共生と言いますが、自然は私たちを育んでくれています。手塩にかけても機械手を使っても、私たちの食べるものは自然が恵んでくれているのです。

ゲリラ豪雨やヒートアイランド、冷夏などの異常気象が目立つようになにり、彼らに牙を向かれると思っているようですが、実際は自然の叫び声だと私は思っています。

癒しや食物などの恩恵を授けてくれる自然に対して私たちは何ができるでしょうか。

自然に存在する草花に目を向けてみるとその問いに対する答えの第一歩が踏み出せるようになると思います。

疲れ果てた心身を癒してくれるのは、酒でもSNSでもなく、睡眠、食事、「緑」でした。

私はまだ散策段階でうろうろしてしますが、樹海のヒーリング効果に興味があったりなかったり。

ミニマリストを極めて「緑」にも自分にも優しくなるべく日々奮闘しております。

Sponsored Link



コメント