温水という選択。洗濯の新×懐古常識

さとり系

毎日の洗濯物は生活する上では付きものです。ですが、洗剤に任せたきりで、果たして本当によく汚れは落ちてるのでしょうか。また香りにでごまかしていないでしょうか。あなたの家の洗濯槽は……キレイですか。そんな真っ黒(?)な洗濯事情を洗い出すべく、洗濯の常識を覆す画期的な方法をご紹介します。

Sponsored Link



洗剤は何を使っていますか

今すぐ使っている洗剤の裏を見てください。界面活性剤と書いてあったら、完全にクロです。

それを使った洗濯物をすすいだとしても、染み付いていて、体内に害のあるものを少しずつ取り込んでしまっている可能性があります。

そして、流した洗濯液は環境にも悪いです。

 

 

柔軟剤を使用していますか

その臭い、香りでごまかしてはいけません。柔らかく仕上げるなんて、一発洗濯物をパンっとはたけばいいのです。

あと良く乾かせばふんわりと仕上がります。または、その繊維や織り方が柔らかくならないものかもしれません。

服や布地が持つ本来の素材の力を無理矢理ねじ曲げてしまうのは、お気に入りの洋服たちに対して、恩を仇で返しているようなものです。

 

 

液体せっけん、粉せっけん、これならシロでしょ?

これは予洗いでよく泡立てるかよく溶かさないと洗浄力を発揮しないので、扱いが難しいところです。

また、せっけんはすすぎが上手くいかないと、洗濯槽のカビや洗濯物に石けんカスが残ってしまうことになりかねません。

量と扱い方に注意しつつ、よくすすぎ、洗濯槽のカビ掃除にも細心の注意を払うべきでしょう。

 

 

洗濯機にぶちこめば全部キレイになる?

いいえ。

特に襟、袖まわりは洗濯機で回しただけでは落ちません。漂白剤はダメです。

もちろん、強力な洗剤を使うことも(一般の家庭であれば)、体を労ってくれる洋服たちにひどい仕打ちをしていることになります。

想像してみてください。洗濯物を一つだけを入れて、洗濯機を回している訳ではないですよね。
衣類をいくつか入れて洗濯していると思います。それらがぐるんぐるん洗濯機の中で回ってぶつかりかったり、こんがらかったりする訳です。

十分に泡立った洗剤が回らないのではないでしょうか。

 

 

良い洗剤、探してみる?

最近ではそういうものは種類も多いし、本当に体や環境に優しいのかどうかもよく分からないですよね。

また、そういった洗剤はお値段も高めです。普段使いには勇気の出ない方も少なくないはず。

高リスク低リターンの可能性もあり、時間もお金もかかってしまいかねません。

 

そんな危ない洗濯をクリーンにする方法ですが、タイトルにある通り、温水洗浄です。

38度以下の温水でじゃぶじゃぶ洗います、洗剤なしで。

皆さん、お湯で煮沸したり、殺菌したりしますよね?
実は体もシャワーとぬるま湯に10分ほど浸かるだけで多くの汚れはとれるというのです。

なので、洗濯でもそれが通用するわけです。
ひどい汚れのものは、30分から1時間くらい浸け置き、洗濯板で部分洗いします。
油汚れや落ちきれなかった汚れがある場合のみ、固形せっけんと洗濯板で洗います。洗濯板は、アレルギーでなければ、小ぶりな木製の板をおすすめします。

洗濯機でお風呂の残り湯でも使ってるのかと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

ゆくゆくは温水洗浄のできる洗濯機を検討していますが、私は、浴槽に温水を張って洗濯しています。

そんな昔話かと思うかもしれませんが、本当です。
脱水は手絞りかタオルドライです。洗濯機を使っているときは、いつも脱水している間は洋服を引きちぎらないかどうか心配でなりませんでした。

もう極めたもので、触った感じでまだ洗いが足りないか分かるようになりました。皆さんも洗濯の新…いえ、懐古感のある洗濯に立ち戻ってみませんか。

注意!
服の素材によっては、温水洗浄を行うとかわいそうなことになるので、洗濯表示をよく確認しましょう。

日々の清らかなる洗濯が、毎日の身につけるものを労り、私たちを支えていることをお忘れなく…!

Sponsored Link



コメント